友達の行っている塾に行くの?家の近所の塾でも大丈夫?

高校受験のために友達が通う塾に行く

公立の中学は誰でも行けます。義務教育になっているので、住んでいる地域によって行く中学が決まっているためです。しかし高校からは進学が自由になります。沢山ある高校の中から自分で選んで受験をし、合格をしないと進学ができません。よりいい高校に行きたいので塾に行こうと考える人もいるでしょう。親が勧める時もあります。どの塾がいいかわからない時、友達が通っている塾に行こうとする人がいます。メリットとしては、友達がいるので一緒に通学できますし、一人ぼっちになりません。しかしその塾が自分に合うかどうかわからない問題があります。友達が授業についていけても自分がついていけるとは限りません。安易に決めるのではなく、自分に合うレベルかどうかも確認しておきましょう。

自宅から近い塾を選ぶメリット

中学校はそれぞれの地域ごとにあります。都市部なら大体が徒歩で行けるところにあるので、通学に困るなどはないでしょう。では塾はどうかですが、塾は公的な教育機関ではありません。各運営者が子どもの人数などに合わせて運営しているので、人口の多い都市部などに多くあって、少ないところにはあまりありません。同じ市内でも駅前などには大手の塾などがありますが、住宅地などでは個人運営の塾などしかないときもあります。個人運営の塾が自宅近くにあるとそちらを選ぶかもしれません。メリットとしては、近いので時間の無駄がありません。大手のように進学校向けよりも、わからない所を教えてくれる塾が多いです。塾で何ができるかを知っていくと良いでしょう。

教科書の中身しか教えてくれない学校の先生。購入した参考書のわからないところを質問しても納得がいかない…。そんな学習意欲を伸ばせるのが学習塾。指導のプロがどこまでもお付き合いしてくれます。

Continue reading “Make me happy”