個人型確定拠出年金(イデコ)加入で節税しながら老後の資金を積み立てましょう

個人型確定拠出年金とは

個人型確定拠出年金とは企業年金制度の無い自営業者向けの制度です(会社員など企業に勤めている方は企業型確定拠出年金が対象となります)

加入者自身が全額掛け金を負担し、老後の資金の為に積み立てる制度です。

個人型確定拠出年金で資産運用

個人型確定拠出年金は株のように自分自身ですべてを運用するのではなく、3つ以上の運用法から決定します。

なお、そのうち1つ以上は元本を確保できるものとなりますので、元本確保型を選べば堅実な運用をする事が出来ます。

個人型確定拠出年金で老後の資金を確保。

個人型確定拠出年金を運用する方は国民年金を納めていないと出来ません。自営業の方は厚生年金を納めている方より年金受給額が低くなる傾向にあります。個人型確定拠出年金は60歳まで解約できないので、国民年金+確定拠出年金を確実に納めることで、将来の老後の資金を確保できます。

個人型確定拠出年金(イデコ)とは

イデコ(iDeCo)とは国が作った個人型の年金制度です。決まった金額を毎月60歳まで積み立てる事で、老後の資金を節税しながら備える制度です。

個人型確定拠出年金と確定個人年金との違い

個人年金は給付金額が確定しているので、そういった意味では加入者にとって安心感があります。又、運用者は保険会社であり、中途解約も可能です。税金対応としては、生命保険控除で所得税や住民税を一定額控除できます。所得税は最大年間4万円まで、住民税は最大年間2万8千円まで控除出来ます。それに対して企業型確定拠出年金はかなりの金額の節税が可能です。企業年金なしと個人型加入のパターンではで最大年間27万6千円まで節税可能となり、イデコはかなりの税金対策が出来ると言えるでしょう。

個人型確定拠出年金は、自分で投資信託や債権などを選択して運用していきます。原則として60歳まで現金化することはできません。

Continue reading “Make me happy”