聞いたことあるけど中身は知らない!社会労務士というお仕事

正式名称は『社会保険労務士』略称は……

社会労務士は厚生労働省の定める国家資格です。なんとなくお堅いイメージのあるお仕事ですが、その仕事内容も、「企業経営の中で人事に関する法律関係や社会保険などについて書類作成や相談などを行う業務」とやっぱり堅い内容です。しかし、唯一少しゆるいかもしれないものがありました。それは記章、いわゆるバッジです。菊の花弁に囲まれた中央に『SR』英語に訳すと…ではなくローマ字の頭文字だそうです。

おそらく弁護士の一歩手前の立ち位置

社会労務士の仕事は多岐にわたります。企業からは社員の就業規則の相談や社会保険、労働保険など加入・申請・給付などの手続き、社員研修や社員教育、メンタルヘルスなどなどマネージメントのみならずコンサルタントとして企業の成長を支える役目も担います。また個人からの社会保障について各種年金についての相談や労働に関して紛争代理も行います。仕事内容は様々ですが、企業と社員や社員同士、個人同士のトラブルを防ぐためのルール作りや先回りしてトラブルを予防する役割を担うのが社会労務士です。

稼げる仕事なのかどうかが肝心です!実際は…

働き方はいろいろあります。企業に属して働く方法や独立開業、フリーランスの人もいるようです。では、狭き門を潜り抜け資格を取得したとして、即稼げるのかといえば、実際は個人の営業能力やコンサルタント能力によるそうです。稼げる社会労務士になるためには、他の社会労務士とは違ったアピールポイントを見つける必要があります。例えば、行政書士や税理士など他の業務独占資格(資格を持たない人が行ってはいけない分野をもつ資格)を取得するなど対処できる範囲を広げてみることも手段の一つだと思います。

就業規則は会社のルールブックともいえるとても大切なものです。専門的な知識を持っている社会保険労務士の就業規則なら法的合理性のある就業規則を作成してもらえるので安心です。

Continue reading “Make me happy”

通信制高校のメリット!選び方や受講の仕方

通信制高校という選択肢

通信制高校には集団行動が苦手で、学校に行きたくないと悩む生徒も多いですが、ここでは不登校で悩む人に、3年で高校卒業資格を取得できる通信制高校についてお伝えします。進路の選択肢の一つとして少しでも役に立てたらと思います。

通信制高校の特徴とメリット!

在宅学習でレポートを提出したり、通学しながらネット学習で単位取得したりなど、通信制高校には各高校によって様々な特徴があります。いずれも途中で挫折しないよう丁寧な学習指導をして、3年間で卒業できるようにサポートしてくれますよ。また学費が安く、学校に通う回数を自分で選べるメリットもあって、すべての生徒が自分に合った学習スタイルで学べるのが最大の魅力ですね。学費で選ぶなら公立、あるいは学ぶ内容で学校を選ぶ、通学なしで卒業できる高校、広域通信制か自宅から近い所か、など選び方も様々です。

通信制高校で未来が開ける!

現代では多様な学びが推奨されます。例えば海外生活をしていて日本の学校に通えなかった・人間関係が原因で学校に通えないなど、勉強を諦めた人を通信制高校は応援、受講講座も豊富に用意されます。プログラマーが指導するプログラミング講座・作家が教える小説創作など、興味あることを専門的に学べるので夢も広がります。しかも温かい先生たちばかりで、不登校などで通学が困難な生徒にも理解があります。カウンセラー資格を有する先生も多く、精神的なサポートをしながら無理なく楽しく学べますよ。また大学進学などを目指す人には、高度な知識を惜しみなく提供。在宅学習だけでは難しい、受験勉強も個別サポートします。通信制高校から難関大学への進学実績もあり、それぞれの分野で活躍していますよ。

通信制高校なら熊本で不登校や引きこもりを支援する高校が安心です。中でも不登校・引きこもり経験者が発案したスクールでは自己肯定感を育めます。

Continue reading “Make me happy”