どうやって使うの?ビットコインと仮想通貨

仮想通貨であるビットコインとは

近年では、インターネット上で使うことのできる仮想通貨が注目されています。仮想通貨はインターネットさえあれば、世界中のどこにいても使うことができます。国境をまたいで送金したい時などは、普通のお金を送金するよりもかなり低コストかつ早く送金することが可能です。

そんな便利な仮想通貨には様々な種類があり、代表的な仮想通貨が「ビットコイン」になります。

ビットコインは貨幣価値があるとして普及が急速に進んでいます。インターネット上で使うことが主でしたが、日本でも徐々にビットコインを使うことのできるお店が増えてきているのが現状で、クレジットカードよりも手数料が安く外国人観光客も使いやすいため、今後とも使える店舗は増加すると考えられています。

ビットコインを使った資産運用

ビットコインはお金としての価値があるため、投資としても注目されています。

ビットコインが普及することで、ビットコインの貨幣価値が上がっており値上がりしています。大きな値上がりの可能性があるため資金運用としても人気になっています。

インターネットがなくなるということは考えにくく、最も伸び代がある分野だと考えられています。仮想通貨はそんな伸び代のある分野の一つだとされており、ビットコイン自体がさらに成長が見込めます。ビットコインが仮想通貨の基軸通貨となっていますので、将来性は高いと考えられます。

ただし、ハッキング事件などもあるため、ビットコインを含めて仮想通過を購入したりする場合には、何よりもセキュリティを重視して取引所を選ぶことなどが大切です。

ビットコインの比較とは、どの取引所が良いか比べることです。選ぶポイントとしては、セキュリティーが高いことや信頼性があるなどが挙げられます。

Continue reading “Make me happy”

セキュリティはどのような仕組みになっている?仮想通貨について知ろう!

仮想通貨を選ぶ時は、セキュリティを重要視しよう!

購入する仮想通貨を選ぶ時には、セキュリティを重要視して、安全性があるものにするといいでしょう。特に、取引所などの管理体制を調べることが大切です。安全性が高いものを選定する時には、金融庁から認可されているかと共に経営基盤などを確認します。また、運営年数や資本金などを調べ、財務状況の把握も必要です。該当する仮想通貨の人気度、経営者の資質なども判断材料にするといいでしょう。

仮想通貨に使われるブロックチェーンとは?

仮想通貨のセキュリティでは「ブロックチェーン」という方法が用いられています。これは、公開鍵暗号方式になっていることが特徴です。仮想通貨の受取側は、暗号化するために使用してほしい公開鍵を提示します。公開鍵とは、一般的にパスワードのことです。仮想通貨の送信側は提示された公開鍵で暗号化してから送ります。受取側は秘密鍵で復元することで、仮想通貨を使用できる状態にするのです。もし、ブロックチェーンシステムでハッキングなどのトラブルが起きても、秘密鍵を知らない限り、仮想通貨を使うことはできません。よって、秘密鍵のセキュリティが重要とも言えるでしょう。

仮想通貨のセキュリティを強化する対策とは?

仮想通貨のセキュリティを強化するためには、取引所への不正ログインを防止することが大切です。WAFの導入などをして、アプリケーションが脆弱でない環境を作りましょう。秘密鍵は、分散型の管理体系にしておくことも必要です。公共フリーWi-Fi上で使用する時には、セキュア接続になっているかの確認もしましょう。

仮想通貨の比較をするときには、安全性と流通量を見ると良いです。流通量が多いと、情報が入ってきやすいというメリットがあります。

Continue reading “Make me happy”