月次決済をデビットカードで行って銀行口座にお金がなかったらどうなる?

決済できずに別の手段での決済が求められる

携帯電話料金の支払いなど月次決済が行われるサービスでデビットカードを利用し、もし、決済日に銀行口座に現金が入っていないときはどうなるのでしょうか。この場合、二つの可能性が考えられます。

まず、決済時にエラーが出て料金が支払われないため、サービス提供者がカード利用者に対して別の手段で請求するというものです。たとえば、コンビニ決済用の振込用紙を送ってそれで支払ってもらったり、振り込み用の銀行口座を通知して振り込んでもらうということが考えられます。また、別の決済日を用意してもう一度決済を行うこともあり得ます。

銀行が一時的に立て替えることもある

もう一つの可能性としてあるのが、デビットカードを提供している銀行が一時的に立て替えるというものです。クレジットカードとほぼ同じシステムになりますが、デビットカードの場合、イレギュラーな方法となってしまうので銀行からすぐに立て替えた代金を口座に入金するよう、求められます。もし、入金が遅れた場合はデビットカードの契約を強制的に解約されてしまう可能性もあるので注意が必要です。

ただ、国内では極めて少数ですが、請求金額に対して口座に入っているお金が少なかった場合、銀行が一定の金額まで立て替えることが普通の使い方として認められているデビットカードも存在しています。こういうタイプのデビットカードは、翌月一回払いまで可能なクレジットカードともいえるでしょう。実際、申込者の信用情報を見る発行審査が存在しているので、本来、審査不要のデビットカードの中では極めて珍しいタイプのカードです。

仕事を効率的に進めたいなら、決済代行を業者に依頼する方法がおすすめです。手間を省くことによって、利益率アップを実現します。