老後資金を貯めるならこれ!!多くの人が利用できるよ!!

老後資金貯蓄に限定した資産形成にぴったり

生活をするためにはお金が必要です。働けるときは給料からお金が得られます。しかし高齢になって働けなくなると給料が得られません。一応公的年金などがもらえるかもしれませんが、十分受けられなければ生活するのが難しくなります。そこで余裕があるときに老後資金の貯蓄をしておきます。給料をもらうとすべてをその時の生活費に使うのではなく将来のために置いておきます。目的は様々で、旅行用、教育費用、住宅費用、そして老後の生活資金です。老後の生活資金の貯蓄にぴったりの仕組みとしてイデコがあります。金融機関を利用するのは自分で積み立てるのと同じですが、税制での優遇があります。ただし老後にならないと引き出せません。老後以外の目的には合わない仕組みになります。

個人型確定拠出年金の範囲が広がった

老後資金を貯蓄できる仕組みとして確定拠出年金があります。企業型は企業が拠出をして従業員が運用する仕組みで、退職金制度として用いるところが多いようです。個人型は元々は国民年金の第1号被保険者、つまりは自営業者などが主に利用する仕組みでした。自営業者は退職金は自分で積み立てなければいけません。国民年金基金などの制度と組み合わせて自分で退職金を用意できるようになっていました。その制度が大きく変更され、利用範囲が広まったのがイデコです。名称は個人型確定拠出年金のままですが、広く親しまれるように愛称としてイデコの名前が付けられています。金融機関などでもイデコに関するパンフレットが置かれていたり、ネットでも情報が得られるようになっています。

イデコは「掛金の全額所得控除」等の税制優遇をうけられます。ただし、途中でやめることはできません。積み立てをやめ、運用のみを行うことはできます。