セキュリティはどのような仕組みになっている?仮想通貨について知ろう!

仮想通貨を選ぶ時は、セキュリティを重要視しよう!

購入する仮想通貨を選ぶ時には、セキュリティを重要視して、安全性があるものにするといいでしょう。特に、取引所などの管理体制を調べることが大切です。安全性が高いものを選定する時には、金融庁から認可されているかと共に経営基盤などを確認します。また、運営年数や資本金などを調べ、財務状況の把握も必要です。該当する仮想通貨の人気度、経営者の資質なども判断材料にするといいでしょう。

仮想通貨に使われるブロックチェーンとは?

仮想通貨のセキュリティでは「ブロックチェーン」という方法が用いられています。これは、公開鍵暗号方式になっていることが特徴です。仮想通貨の受取側は、暗号化するために使用してほしい公開鍵を提示します。公開鍵とは、一般的にパスワードのことです。仮想通貨の送信側は提示された公開鍵で暗号化してから送ります。受取側は秘密鍵で復元することで、仮想通貨を使用できる状態にするのです。もし、ブロックチェーンシステムでハッキングなどのトラブルが起きても、秘密鍵を知らない限り、仮想通貨を使うことはできません。よって、秘密鍵のセキュリティが重要とも言えるでしょう。

仮想通貨のセキュリティを強化する対策とは?

仮想通貨のセキュリティを強化するためには、取引所への不正ログインを防止することが大切です。WAFの導入などをして、アプリケーションが脆弱でない環境を作りましょう。秘密鍵は、分散型の管理体系にしておくことも必要です。公共フリーWi-Fi上で使用する時には、セキュア接続になっているかの確認もしましょう。

仮想通貨の比較をするときには、安全性と流通量を見ると良いです。流通量が多いと、情報が入ってきやすいというメリットがあります。